リンゴの魔術書Powered By津輕限界聚落
リンゴの事、リンゴ彫りのこと、東方の事、ナポリタンの事、鉄道の事、青森の事。
あれとかそれとか


リンゴの魔術師/リンゴ彫刻について。
やってる事とやった事など。
いろいろ

TINAMI(作品見れます。

_
■連絡先
onsendkk398 あっとまーくyahoo.co.jp
にでもメールくれると良いかと。



リンゴ彫り

リンゴ彫りの作品が見れます。 あんまり更新してません






最新記事



カテゴリ



最新コメント



カウンター



リンク集

お世話になってる方々のHPなど



あーだこーだ



月別アーカイブ



げれっぱ

最後の最後




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はまなす

急行はまなすの絵を少々描きたくなったので描いたところです。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=26157303

あ、今回は鉄道ネタです。東方も青森も酒も鉄道もその他もろもろ一緒くたですが…

えー、こないだ少々調べ物をしていた際にED75や76と言った機関車にあたりなんとも懐かしいような気がして、そのまま交流機関車を調べたり眺めて幸せな気分になっておりました。好きなんですよー、ここらへんの機関車が!
なんと言っても顔が好きでして。EF81のようなのっぺりに対し凛々しい印象すら漂うのは貫通扉と短めの車体ですかね。HMも映えるような気がしますよ。ED76でも非貫通タイプもありますが、やっぱ貫通でしょう!

あと牽引するモノが豊富でいいですよね。二軸貨車から寝台客車まで、しかも重連という組み方もできるし…はぁ!

もちろん蒸気機関車も良いんですが、北海道の札幌圏からすると、それよりももう少し遠い存在だったので見てみたいなーという憧れが強かったです。SLといえばC62ニセコ号やらC11すずらん号が走ってたのですが、札幌に来る機関車と言えばDD51くらいなもんで見るなら函館に行くしかなかったのですよ。
そんなわけで電気機関車牽引の客車は相当憧れみたいなものがありました。

はてさて。はまなす号を今回描いたんですが、イマイチ納得できない部分もあったりしてうーんな感じですがそれは置いておいて。こないだ北海道に帰った時に津軽海峡線を通って帰ってきました。沿線は工事をしています。現在新青森まで出来ている新幹線も何年かすると新函館まで行くんですよ。すごいですね。北海道に新幹線が来ますよ。
その煽りをうけるんじゃないかというのがこの「はまなす」です。「急行」種別を未だ掲げる稀有な存在で車両も14系客車と24系客車の混成にB寝台、カーペット車、0系新幹線のG座席を転用したらしい指定席車といつもどおりの自由席車…なんともフリーダムな編成です。自販機があったり、ラウンジスペース(元喫煙スペース?)があったり。お客も様々でスーツ着てたり18キッパーだったり、自転車担いでたり、スキーヤーだったり。ちょうどフェリーに似てる気もしますね。
ただフェリーより便利なんですよ。港まで行かなくていいのでのんびり飲んでられるし、駅前につくので朝の足にも困らない。値段もフェリーと大差ないのではまなすを選んでます。でも多分、なくなるんですよねー…

札幌→道南・青森方面の列車といえば快速ミッドナイトがありましたね。青函にも同じくED79牽引が印象的な快速海峡もありました。どっちも現在は無いんですが、便利だったんですよ。前者は気動車を使用してた夜行列車で、高速バスに負けた形になったんですが、うーんなんで無くなってしまたのか・・・あれば便利なんですけどねー。

新幹線ができるとなると「はまなす」は遅すぎるのできっと廃止ですが、なんとか、なんとか運転は続けて欲しいなぁ…
貨物輸送もどうなるんだかさ。室蘭と青森に航路を復活させ、連絡船のような航送の構想があるようですが。
旅客はどうすればいいんでしょうね。18きっぷで上手いこと使える夜行列車、復活してくれーい

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。